脱毛ついでにできる肌ケア!

新しい大変高性能な脱毛器「シルキン」

家庭用脱毛器「シルキン」はホーム・パルス・ライトを用いた全く新しいタイプの電気機械です。
一般的によく使われている脱毛器としてレーザー脱毛器・光脱毛器等が挙げられますが、それ以外に光と音の組み合わせによる脱毛器も売られており、シルキン・センスエピ等、この類の脱毛器が年々増加しつつあります。
当機器の開発チームはレーザー脱毛器のチームを転用して作られており、光脱毛器に限らずレーザー脱毛器の技術も応用しています。
当機器には光脱毛器特有の「照射面積が広い」特性が受け継がれており、当機器の照射面積は6平方センチメートルと一般的なレーザー脱毛器等と比較すれば明確に広く、必要な時間を短縮しています。
全身を脱毛するために必要な時間は約40分と短いため、現代社会の忙しい自立した女性に向いています。
その上、レーザー脱毛器特有の技術も受け継がれており、当機器から発せられる光は黒い色だけを焼き払う性質を持っているため、お肌に全く悪い影響を与えず、ひたすら毛根だけを焼き払います。
その他、あくまでも光脱毛器をベースとしているため、レーザー脱毛器の様に痛くありませんし、機器全体の重量の大半が本体の重量であって、手に持って動かす部分の重量は大変軽いため、疲れないメリットがあります。
当機器は安全性を考慮して、当機器とお肌が正しく接触していなければ照射自体を行わない構造になっており、また、その出力レベルを5段階から選べるため、本人の体質に合わせてレベルを変える方が良いでしょう。
電力消費量が多いのか、コンセントが付いている点が当機器の最大の難点ですが、逆に考えれば充電の必要がないメリットでもあります。
光を体毛が生えてくる周期に合わせて定期的に照射、長期間継続して照射し続けることによって、だんだん体毛自体が弱体化してゆき、濃度も薄くなってゆき、最終的には毛が生えなくなって、毛穴すら閉じてしまいます。
最初は10〜14日当たり1回程度照射する必要がありますが、5〜6回程度続けていれば誰でも効果を実感するため、その後は20〜28日当たり1回程度まで照射間隔を伸ばしてしまって全く問題ありません。
お値段は最も高く、正規価格は何と15万7500円、しかし、光脱毛器とレーザー脱毛器の良い点が合わさっているため、他の脱毛器と比較して明確に優れています。
ただし、日本国内では取り扱い自体が大変珍しいため、その点は充分注意する必要があります。
Copyright (C)2017脱毛ついでにできる肌ケア!.All rights reserved.